社員になる理由は? | アルバイトから正社員になるための最短ルートとは?
menu

社員になる理由は?

メガネを掛けている女性

アルバイトから正社員に昇格したとき、誰しも嬉しい気持ちになると思います。
ようやく社会の仲間入りができたという気分に浸ることができるでしょう。
しかしながら、純粋に喜ぶ前にあらかじめ正社員に関する注意点を知っておくことが重要です。

まず正社員になることにより、あなたは基本的に自由がなくなります。
というのも、会社主体で考え行動することが強制されるわけです。
だからなにかしら趣味があるという人や、自分の時間を大切にしたいという人はあまり正社員にならない方がいいと思います。
その会社に人生を捧げるような気持ちがある人だけ、正社員という選択肢を選ぶのがいいでしょう。

そしてもうひとつ大切なことが、給料についてです。
もちろん正社員になると給料はアルバイトのときよりも増えます。
しかしながら、単純に増えて喜んでいてはいけません。
ただ給料が増えるというだけではなく、それ以外にもアルバイトと比較して変化が起こります。
一番大きいのが、仕事の中身や労働時間についてです。
まず正社員になると基本的には会社のすべての仕事ができるようにならなければいけませんし、全体の管理もしなければいけなくなります。
よって必然的に膨大な仕事量があなたに降りかかるでしょう。
そのため確実に1日あたりの労働時間というのは増えてしまいます。
一応正社員でも労働時間は8時間で設定されていることが多いですが、ほとんどの場合はそれを上回ると思います。
だから給料が増えているように見えて、実は時給換算するとまったく変わっていないという結果になる可能性があります。
ひどい場合はむしろ下がっていることもあるかもしれません。