面接を乗り越えよう | アルバイトから正社員になるための最短ルートとは?
menu

面接を乗り越えよう

白いニットを着ている女性

アルバイトの面接ならかなりハードルが低いので、どんな人でも簡単に仕事を始められるでしょう。
しかしながら、たまにアルバイトの面接ですら全然うまくいかない人もいたりします。
そんな人のために、面接のコツについて話していきたいと思います。

まず正社員の面接の場合はどうしても過去の経験やあなたが持っている知識などが採用の大きな基準になってしまいますが、アルバイトの面接の場合はどちらかというと人柄や会社の状況によって採用されるかどうか決まることが多いです。
つまり会社が誰でもいいので人が欲しいと思っていたり、面接で話したときに「感じのいい子だなぁ」と思ってもらったらすぐに採用されるわけです。
だから基本的に誰でも受かるのは当たり前です。
ただそれでもなかなか受からないという人は、おそらく面接で致命的なことをしている可能性があります。

例えば当たり前のことですが、面接を受けるときの態度は重要です。
相手に失礼のないように、きちんと姿勢をよくして話をすることが必要です。
特にその職場が飲食店の場合は、身だしなみを最重要視しています。
そのためちょっとでもだらしなさが見えてしまうと、その時点で不採用になるでしょう。

また履歴書の扱い方についても注意が必要になります。
基本的に履歴書というのは、絶対に汚したり折ったりしてはいけません。
つまり最後まで綺麗な状態で保ち、持って行く必要があります。
履歴書の状態が悪いだけでもだらしない人だと思われるので、これはかなり採用に響いてくる要素になるでしょう。
だから絶対に素のままカバンに入れたりせず、きちんとファイルなどに挟んで持って行ってほしいと思います。